リハビリ手法

サービスのご案内

リハビリテーション外来では、神経や筋・骨格系の異常に基づく運動機能障害を対象として、失われた機能の回復を促すと共に、残存している機能を最大限に引き出すための治療を行います。
頚部痛や腰痛、肩や膝などの関節疾患に対しては、患者様の症状に合わせてマッケンジー法を中心としたリハビリテーションを実施しています。
マッケンジー法を行うセラピストは全て、国際マッケンジー協会認定資格を有しており、日本で3人しかいない公認インストラクターも在籍しております。また、必要に応じてピラティスや加圧トレーニング、柔道整復師によるストレッチやマッサージ等も行います。

マッケンジー法

ニュージーランドの理学療法士ロビン・マッケンジー氏が考案した腰、首の痛み、肩、肘、股関節、膝、手足の痛みやしびれなど、筋骨格系のほとんどの痛みに対応した治療法です。
マッケンジー法は主に「自宅での体操」と「日常生活の中での注意点」で組み立てられており、お一人お一人に合った内容を約一時間かけ丁寧な問診と運動による検査から決定したあと、ご自宅でそれらを実行して頂きます。
ご自宅で治療を行うことで、ご自身で痛みを管理できるようになり、再発を予防できるという特徴もあります。
また体操はなるべく簡単でかつ効果的な体操を選ぶようにしておりますので、比較的継続しやすい体操と言えます。
「自分で行う体操」のみで不十分な場合には、セラピストによる徒手療法を活用する場合もあります。

体操例

理学療法士により負荷を強めて行う腰椎の伸展エクササイズです。ご自身の力だけで行う方法や、必要に応じて理学療法士が手技を使って負荷をかけながら行う方法があります。
腰椎のエクササイズは写真の他に、症状に合わせて屈曲や回旋、それらのコンビネーションなど様々な方向があります。

上部胸椎の伸展エクササイズです。肩こり、首や肩に痛みがある方に有効な場合があります。頚椎・胸椎のエクササイズは写真の他に、症状に合わせて屈曲や側屈、回旋など様々な方向があります。

肩関節の伸展エクササイズです。肩の痛みがあり、脊椎でのアプローチで改善が見られない場合に有効な場合があります。肩関節の動きは他の関節と比べ自由度が高く特に複雑で、症状によっては微妙な角度調整が必要になる場合や、関節だけではなく筋肉、腱に対してのアプローチが必要なこともあります。

上記の写真はあくまで体操の一例で、実際には丁寧な問診と運動検査により決定した体操を自宅で行っていただきます。

ピラティス

ドイツで生まれたJoseph Pilates(ジョセフ・ピラティス)氏が考案したエクササイズです。
第1次世界大戦で障害を抱え、寝たきりになってしまった犠牲者達のリハビリから、発展したものです。
当時は、病院のベッドから取ったバネを使用し、運動を行なっておりました。
呼吸法を活用しながら、主に体幹の深層筋(インナーマッスル)を鍛えることができます。
動きはゆるやかで負荷も比較的低強度のものから、高強度のエクササイズもあるため、運動初心者・高齢者から、スポーツやダンスのパフォーマンス向上まで、幅広く適応可能です。

加圧トレーニング

佐藤義昭氏が40年以上もの歳月をかけて研究・実践を積み重ねて確立した世界初の画期的なトレーニング方法です。
上肢や下肢の付け根に専用の加圧器具を使用して、適切に血流制限することにより、低負荷のレジスタンス運動でも高負荷のレジスタンス運動と同様の効果が、より短期間・短時間で得られます。
成長ホルモンを始めとする内分泌系ホルモンの分泌を促進すると共に、様々な医学的、生理学的効果が得られるため、医療、健康、スポーツ分野に限らず、航空宇宙医学分野においても研究が進んでいます。

その他の療法

徒手療法

ストレッチ、マッサージ、筋力トレーニング等必要に応じてセラピスト(主に柔道整復師)による施術を行います。

物理療法

牽引装置、超音波、干渉波、レーザー等各種物理療法機器も取り揃えております。

クリニック診療時間

【平日】午前9:00〜13:00 午後14:30〜18:30 【土曜】午前9:00〜13:00 / 休診日 : 土曜午後・日曜・祝日

診察のご予約受付は
午前は12:30まで、午後は18:00までとなります。

クリニック通信

Facebookページはこちらから

院長の書籍出版のお知らせ
ひざに「!」を感じたら読む本
  • 第1章:きしむ、動かしにくい、軽く痛む…わずかなひざの違和感にも、寝たきりになるリスクが潜む
  • 第2章:「ひざ痛治療の常識はウソだらけ!」本当の対処法を知ることが改善の第一歩
  • 第3章:身体のバランスを整えてひざの痛みを和らげる「マッケンジー・エクササイズ」
  • 第4章:衰えたひざを若返らせる「サプリメント」の正しい摂り方
  • 第5章:ひざの痛みは必ず改善できる早期対策でアクティブライフを実践しよう
詳細はこちらをクリック