保険診療

整形外科

整形外科では、脊椎や上肢下肢の骨・関節・筋肉・靭帯・末梢神経などの運動器のあらゆる病気や外傷によるケガ、障害などの治療を行っています。

首・肩・背中・腰などの痛みやこり。手足の痛みやしびれなど。肩や肘、膝その他各関節の痛み、腫れ、違和感。

スポーツや労災、交通事故等の外傷による骨折、脱臼、捻挫、打撲、筋や腱の損傷、切り傷、擦り傷。外傷後の障害や麻痺など。

骨粗鬆症外来

骨粗鬆症外来では、DEXA法による腰椎(または大腿骨での測定)の骨密度測定を行い、必要に応じて投薬治療等を行います。

骨密度が低下すると脊椎では圧迫骨折(骨が自然につぶれたり、尻もちをついた衝撃によってつぶれる骨折)をおこし、背中が丸くなってしまいます。また、大腿骨頸部(脚の付け根・股関節部分)を骨折すると手術が必要になり、高齢者の寝たきりになる原因となります。

リハビリテーション外来

リハビリテーション外来では、神経や筋・骨格系の異常に基づく運動機能障害を対象として、失われた機能の回復を促すと共に、残存している機能を最大限に引き出すための治療を行います。

また頸部痛や腰痛、関節疾患に対しては、患者様の症状に合わせてマッケンジー法を中心とした理学療法(運動療法、物理療法)を実施するほか、必要に応じてマッサージやストレッチ等も行います。

マッケンジー法とは、「いつでも」「どこでも」ご自身で行えるエクササイズで、「自らで治す」という考え方に基づいた治療法です。

正しく行うことで再発予防もできるため、治療に積極的な方は効果が出やすく、自己治癒力を高めるためには優れた治療法だといえるでしょう。

専門外来

○リウマチ外来

リウマチ専門医が外来を担当します。

当院では生物学的製剤を用いた最新のリウマチ治療を行っています。

日本医科大学付属病院を後方病院とし病診連携をとっており、手術や入院治療の必要な患者さんにも対応しています。

○スポーツ外来

一般整形外科はもちろんスポーツ時における膝の痛みなどに対する投薬・リハビリ治療やMRIなどによる精密検査を実施のうえ手術等による治療の可能性も含めた治療をご提案します。

JR東京総合病院整形外科を後方病院とし病診連携をとっており、手術や入院治療の必要な患者さんにも対応しています。

※MRI・CT検査は主に提携の施設にて検査を実施しています。

○ペインクリニック外来

通常の鎮痛剤の効かない疼痛に対してトリガーポイント注射やブロック注射(仙骨硬膜外ブロック)、オピオイド内服及び貼付による治療を行います。
JR東京総合病院:痛みセンターと病診連携をとっており、手術や入院治療の必要な患者様にも対応しています。

○ダイエット外来

管理栄養士による食事指導を行っています。

指導の手法は主にローカーボ(低炭水化物)ダイエットです。

体重増加に伴うひざ痛などの症状がある方や生活習慣病の方への食事指導は保険適用にて行っています。

陥入爪手術・マチワイヤ

巻き爪(陥入爪)

巻き爪の治療として爪の状態等に応じて、陥入部の爪を切除し爪が生えてくる爪床部を高周波メスにより焼いて巻き込んだ爪が生えてこないような手術をしたり、皮膚や爪を切らずに爪の先端部分にマチワイヤと呼ばれる形状記憶の金属を装着しワイヤが元に戻ろうとする力を利用して爪を平らに矯正する方法での治療を行っています。一度爪の状態を確認したうえで以上の二種類から選択した方法により治療します。

クリニック診療時間

【平日】午前9:00〜13:00 午後14:30〜18:30 【土曜】午前9:00〜13:00 / 休診日 : 土曜午後・日曜・祝日

診察のご予約受付は
午前は12:30まで、午後は18:00までとなります。

クリニック通信

Facebookページはこちらから

院長の書籍出版のお知らせ
ひざに「!」を感じたら読む本
  • 第1章:きしむ、動かしにくい、軽く痛む…わずかなひざの違和感にも、寝たきりになるリスクが潜む
  • 第2章:「ひざ痛治療の常識はウソだらけ!」本当の対処法を知ることが改善の第一歩
  • 第3章:身体のバランスを整えてひざの痛みを和らげる「マッケンジー・エクササイズ」
  • 第4章:衰えたひざを若返らせる「サプリメント」の正しい摂り方
  • 第5章:ひざの痛みは必ず改善できる早期対策でアクティブライフを実践しよう
詳細はこちらをクリック