クリニック紹介

院長のご挨拶

九州の大学、医局の出身であり、米国での研究生活の長かった私がなんのゆかりもない代々木の地に1991年 本クリニックを開業して早10年が経ちました。これもひとえに代々木、新宿地区にお住まいの患者様、遠方よりわざわざお越しいただいている患者様のおかげであり、心より感謝申し上げます。私は自分の長年の研究テーマでありました関節疾患の保存的治療の実践の場として、本クリニックを立ち上げました。当院ではサプリメントや減量といった栄養療法、運動療法を中心としたリハビリテーション、ヒアルロン酸、コンドロイチンの注射療法、トリガーポイントブロック、硬膜外ブロックといったペインクリニック、生物製剤等の最先端薬を含む薬物療法、これらの治療法を患者様の状態に合わせて組み合わせて行っています。おかげさまで数多くの患者様にお越しいただき、治療実績を積み重ねる事で今ではかなりの割合で患者様に満足していただける結果が出せるようになっています。2012年には南新宿整形外科リハビリテーションクリニックと名称変更し、マッケンジー法を中心にした東京スパインリハビリセンターを設けました。マッケンジー法は腰痛、首肩痛、膝痛に即効性のある理学療法で現在当クリニックには日本を代表するセラピストがそろっています。さらにピラティスや加圧トレーニングを取り入れ腰痛や関節痛 ロコモティブシンドローム等の患者様の体力、運動機能の向上を目指しています。私が開業した当時、多くの整形外科医は手術、観血的治療こそが治療の中心と考えていたようですが、最近は大学病院の先生達も保存的治療の重要さを訴えるようになってきました。筋骨格系の病気も癌や成人病と同様に早期に発見し治療することで、手術の必要なく治療することが可能なのです。
今アンチエイジング医学が注目を浴びていますが、当院では表面的な若返りだけでなく体の礎である筋骨格系を丈夫に維持し若々しい体を保つアンチエイジング医療を行っていきたいと考えております。今後も宜しくお願いいたします。

平成25年7月

医療法人清香会 理事長
南新宿整形外科リハビリテーションクリニック

院長 橋本三四郎

【経歴】

橋本 三四郎 (はしもと さんしろう) 医学博士

1989年 産業医科大学卒業
1989年 久留米大学整形外科入局
1994年 久留米大学大学院卒業
1995年〜1997年 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校留学
1997年 米国スクリプス研究所勤務
1999年〜2000年 米国スクリプス研究所主任研究員
2001年10月 ハシモトクリニック 開業
2009年 日本医科大学リウマチ科非常勤講師
2012年 南新宿整形外科リハビリテーションクリニック 院長
医療法人 清香会 理事長
【賞歴】
1998年
国際変形性関節症学会:Young Investigator Award
1998年
全米リウマチ研究財団:Senior Rhematology Scholar Award
1999年
アメリカ国立リウマチ研究財団:Investigator Award
2000年
国際軟骨移植学会:Volvo Award
2000年
アメリカリウマチ財団:Investigator Award
【認定医】

日本整形外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医、日本リウマチ学会登録医

【所属学会】

日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本関節病学会、日本運動器科学会、日本抗加齢医学会、日本ピラティス研究会、グルコサミン研究会:幹事、運動器抗加齢研究会:世話人、国際変形性関節症学会、アメリカリウマチ学会

【著書・監修】

「こうすれば膝痛は治せる!」
「続・こうすれば膝痛は治せる!」
「こうすれば骨粗鬆症は防げる!」
「アトキンス博士のローカーボ(低炭水化物)ダイエット」
「医師がすすめる減インスリンダイエット」
「あきらめないで ひざの痛み」


担当医紹介

郷原徹 医師(副院長)

郷原徹 医師(副院長)

【専門分野】     脊椎脊髄外科・外傷
【認定医】        日本整形外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医
1989年 金沢医科大学卒業
久留米大学整形外科 入局
 
 
 2014年 清香会 南新宿整形外科リハビリテーションクリニック 副院長

原 秀 医師

原 秀 医師

【専門分野】     手の外科・外傷
【認定医】        日本整形外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医
1989年 久留米大学医学部卒業
久留米大学整形外科 入局
 
 
 2010年 清香会 目達原整形外科 院長

診療時間

平日午前9:00〜13:00午後14:30〜18:30
土曜午前9:00〜13:00
休診日土曜午後・日曜・祝祭日
(診察のご予約受付は、午前は12:30まで、午後は18:00までとなります。)

受診手続き

※毎月保険証のご確認をさせていただいております。変更がなくとも月の最初の受診時には保険証をご提示ください。

初診・・・受付にて「問診票」に必要事項をご記入のうえ保険証をお持ちの場合は医療券や他院からの紹介状、レントゲン写真などを添えて受付をしてください。

※初診の方はお電話(03-5302-0790)にてご予約をお取りください。

再診・・・受付に診察券をお出しいただき、診察室又はリハビリ室からお名前をお呼びするまで待合室でお待ちください。

※当院の診察は初診、再診を問わず原則予約制で行っております。

予約なしでのご来院の場合は長時間お待たせしたり、手術等を行っている時には診察をお受けできないこともございますので、まずはお電話にてご確認のうえ、ご予約をお取りいただきますようお願いいたします。
(予約の状況により当日のご予約も可能です。)

アクセスマップ

マップ東京都渋谷区代々木2-16-7 山葉ビルメディカルセンター4F
TEL 03-5302-0790 FAX 03-5302-0791

Googleマップ

施設、設備のご紹介

スタッフのご紹介

当センターでは以下のスタッフによるマッケンジー法に特化した治療を行っています。
また、日本に3名しかいない上級認定セラピストが在籍しています。

橋本 三四郎(はしもと さんしろう)

橋本 三四郎(はしもと さんしろう)

医師 医学博士
国際マッケンジー協会認定療法士

矢本 友彦(やもと ともひこ)

矢本 友彦(やもと ともひこ)

理学療法士
国際マッケンジー協会認定療法士

加圧トレーニングインストラクター

永井 葉子(ながい ようこ)

永井 葉子(ながい ようこ)

理学療法士
国際マッケンジー協会認定療法士

Polestar Pilates Rehabilitation Instructor

中倉 忠徳(なかくら ただのり)

中倉 忠徳(なかくら ただのり)

理学療法士
国際マッケンジー協会認定療法士

秋元 由希子(あきもと ゆきこ)

秋元 由希子(あきもと ゆきこ)

柔道整復師
国際マッケンジー協会認定療法士

田村 彰教(たむら あきのり)

田村 彰教(たむら あきのり)

柔道整復師
鍼師 灸師

松園 健(まつぞの たけし)

松園 健(まつぞの たけし)

理学療法士 健康運動指導士
Polestar Pilates Rehabilitation Instructor
ジャイロトニックインストラクター
Yoga Instructor(RYT200)
NSCA CSCS
加圧トレーニングインストラクター

国際マッケンジー協会認定療法士

岩貞 吉寛(いわさだ よしひろ)

岩貞 吉寛(いわさだ よしひろ)

理学療法士
東京スパインリハビリセンター スーパーバイザー
国際マッケンジー協会 日本支部 支部長
国際マッケンジー協会公認シニアインストラクター

佐野 華(さの はな)

佐野 華(さの はな)

理学療法士
国際マッケンジー協会 日本支部 理事
国際マッケンジー協会認定Dip.MDTセラピスト

クリニック診療時間

【平日】午前9:00〜13:00 午後14:30〜18:30 【土曜】午前9:00〜13:00 / 休診日 : 土曜午後・日曜・祝日

診察のご予約受付は
午前は12:30まで、午後は18:00までとなります。

クリニック通信

Facebookページはこちらから

院長の書籍出版のお知らせ
ひざに「!」を感じたら読む本
  • 第1章:きしむ、動かしにくい、軽く痛む…わずかなひざの違和感にも、寝たきりになるリスクが潜む
  • 第2章:「ひざ痛治療の常識はウソだらけ!」本当の対処法を知ることが改善の第一歩
  • 第3章:身体のバランスを整えてひざの痛みを和らげる「マッケンジー・エクササイズ」
  • 第4章:衰えたひざを若返らせる「サプリメント」の正しい摂り方
  • 第5章:ひざの痛みは必ず改善できる早期対策でアクティブライフを実践しよう
詳細はこちらをクリック